クレーターになってしまったニキビの治療法

ニキビ跡がクレーターに・・・おすすめニキビの治療法をご紹介します。 - クレーターになってしまったニキビの治療法

クレーターになってしまったニキビの治療法

ニキビってすごく悩みますよね。そしてニキビと同じくらい悩むのがニキビ跡です。ニキビ跡にはいくつかのの種類があります。ニキビ跡の中でも特に厄介なのがクレータータイプです。
クレーターになってしまったニキビの治療法について紹介します。

クレーターって何?

クレーターというのは、ニキビ跡が凹凸になって残ってしまっている状態でニキビは治っているのに、凹凸は一度できるとなかなかなおりません。芸能人でもお肌がでこぼこしている人っていますよね。
クレーターを治すための方法はどんなことがあるのでしょうか。

クレーターはレーザー治療で治す!

qweqtrs
クレーターは一度できてしまうとなかなか治すことができないニキビ跡の一つですが治療法としてはレーザー治療くらいしかありません。ニキビ跡の種類によっては、スキンケア商品などで改善できる場合もありますが、クレータータイプの場合はどんなにスキンケアを頑張っていても、あまり意味がありません。
クレーターになってしまったら、適切な治療法でケアすることができるようにクレーターの時のニキビ治療法は忘れずに覚えておいてくださいね。クレーターになってしまうとなかなか治せないというイメージを持っている人が多いです。確かに、セルフケアではクレーターの治療には限界があります。でも、病院でレーザー治療を受けることでクレータータイプのニキビも改善することが期待出来るのです。

クレーターのお肌は予防が大切

顔中凹凸しているなんて他の人の目線も気になりますしあまり衛星的とは言えませんよね。クレーターの肌は見る人に不快感を与えてしまうこともあるのです。クレーターがひどくなると自分のお肌に自信が持てなくなって、恋愛にも消極的、何をやってもうまくいかないという悪循環にも陥りやすくなります。ニキビ跡のクレーターは出来れば避けたいものなのです。
ニキビがクレーターになってしまうのは、ニキビがひどい炎症を起こした後に色素沈着なってしまったりすることが原因だと考えられています。だから、クレータータイプのお肌を元のきれいな状態に戻そうと頑張るよりは、ニキビができた時に、クレーターになってしまわない様にニキビ予防をすることがとても大切です。

クレーターになってしまった時には?

クレーターの状態にもよりますが、クレーターニキビが炎症を起こしている状態では、何の処置もできないので、まずは炎症を抑えることが必要です。
炎症を起こしているお肌は刺激にとても弱いので、できるだけ刺激を与えないように気を付けましょう。
炎症が治まったら、レーザー治療などを受けることが可能になるので、まずは炎症を抑えることが先決です。なんとなく赤みがかったお肌から、赤みが消えたら、ケアがスタートできるというように考えてください。

ニキビがクレ―ターになったらレーザー治療を受けましょう

ニキビがクレーターになってしまったら、自宅で自分で行うケアだけではどうしてもクレーターの凹凸部分を治すことはできません。一度凸凹してしまったお肌は元に戻すのはとても難しいのです。
クレーターのお肌はとても気になるものです。クレーターのせいで自分に自信が持てなかったり、普段の生活から、人と目を合わせるのが嫌になってしまったりするのはもったいないですよね。レーザー治療を受けるのにはそれなりのコストがかかりますが今後のことを考えて、コストをかける価値もあると思いますよ。

Copyright(C)2016 クレーターになってしまったニキビの治療法 All Rights Reserved.